月別アーカイブ
フリースペース
サイトマップ
お勧めサイト
TOP

ハローワークばかり頼り過ぎないこと

ハローワークでは様々な職場からの求人情報閲覧することができるため、就活を行っていく中でとても重要な存在となります。しかしハローワークばかりに頼っているとチャンスを逃してしまうこともあるので、こうした場所だけではなくその他にも具体的な就職活動を行うようにしましょう。ハローワークというのは基本的に地域密着型になっていますので、募集している内容に関しても周辺地域のものばかりとなっています。どうしても働きたい企業などがあり、こうした機関を通じてチャンスをつかむことができれば良いですが、そうでない場合には地元での求人ばかりに頼っていると前述の通り主なところでチャンスを逃し、いつまでも就職先が決まらない状態になってしまうことがあります。こうした機関での申し込みはもちろん大切ですが、それだけではなく企業の説明会に参加することやその他にも面接を受け付けてくれる企業をインターネット上から探し面接の応募をしてみるといった具体的な行動も併せて行っていくようにしましょう。並行すればするほどにチャンスが多くなり早い段階で就職先が決定するようなことがあるかもしれません。


業界研究はどんどん早めに行おう

自分が今後働いていきたいと思っている業界については積極的に業界研究を行うようにしましょう。同じ業界であっても、それぞれの企業や個人個人によって考えている事は違います。そのため業界研究を積極的に行えば行うほどたくさんの知識が身につくようになり、柔軟性を持つことにつながっていきます。この企業はこうでなければならないといった固定観念を持っていると、どうしても柔軟性がなくなり、仕事はおろか面接などでも応用の利かない人間だと思われてしまうことがあります。業界研究を行って同じ業界でも全く違ったスタイルで経営を行っている会社があることなどを知ると、面白いと思える事も増えるので仕事に対しての自分の意識も変わってくるのではないでしょうか。柔軟性を持てば持つほど、発想力なども豊かになり、こうした発想力をゆくゆくは仕事に大きく役立てることができるようになります。決して難しいものではなく同じ業界の企業を次々に調べながら経営方針や企業理念などを学んでいくだけでどんどん自分のパワーになってくれます

履歴書は最初に自分をアピールする大切な書類です

履歴書は最初に自分をアピールする大切な書類です。会社の採用担当者は、採用するかどうかをその内容をチェックして判断を行うものでもあります。職務経歴書をたとえ同封していたとしても、この大切な書類を作ることに対して決して手を抜かないようにしましょう。この書類のみでもアピールを十分に行うことが必要です。というのは、会社の採用担当者はまず履歴書を確認するため、イメージが良くないと職務経歴書まで確認してくれない恐れもあります。履歴書は、パソコンで作るものの方が手書きのものよりも一般的になってきています。パソコンで作ったものでも手書きのものでも、いずれでもいいと思っている会社の採用担当者が多くいます。しかしながら、会社によっては手書きのものにこだわっているところもあるため、注意しましょう。パソコンで作ったものを印刷する場合の用紙は、一般的な印刷用紙では安っぽく見えるため、文具店などで売っている上質紙を使用しましょう。

Webプロデューサーを目指して転職

これまで比較的大きなWeb制作会社でWebデザイナー兼Webディレクターとして働いてきました。最初はコーダーから始まって、Webデザイナーとしてデザインの仕事も任されるようになり、さらにチームをまとめながら調整するディレクターの仕事も任される形になりました。もっとも、今の会社は人数も多く、多彩な人材が揃っています。もっと高みを目指して、Webプロデューサーになりたいと思い、少数精鋭の会社で、自分を求めてくれるところがないか探し始めました。応募にあたっては、Webデザインのスキルやセンス、これまでの実績を示すのはもちろんですが、ディレクター業務での経験や、プロデューサーとして求められる資質があることを伝えなければなりません。まず、これまでの実績を視覚的に理解してもらうために、ポートフォリオを作成しました。携わったサイトはかなりの数に上るので、比較的最近のもので、深くかかわったサイトや思い入れのあるサイトを絞り込んでまとめています。サイトの数より、自分がいかに関わり、制作のプロセスでどのような役割を果たしたかも、しっかり添えることに時間を割きました。デザインスキルやセンスはそれなりの経験と実績がある人なら自ずとついてきますし、Webデザイナーがやればいいことです。Webプロデューサーを目指す私は、ポートフォリオを通じても、コーディネート力やプロデュース力があることを伝えたかったからです。書類審査が通ると、面接の場はまさにプレゼンの場と思うようにしました。質問されたことにただ答えるのではなく、自分をいかに知ってもらうかのプレゼンを行うわけです。もちろん、それは一方的に話をするのではなく、質問を受けた形で、短時間で手短に分かりやすく、いかに自分の素質をアピールできるかが重要です。そのため、想定される質問を考えて問答集を作り、印象よく分かりやすく話す練習もして臨みました。Webプロデューサーになれば、制作チームの管理からコスト管理、クライアントとの調整など多彩な業務を担うことになります。だからといって忙しく動き回るのではなく、制作メンバーが安心して仕事に取り組めるよう、どっしりと構えて寛大さと的確なアドバイスでフォローする人間力が求められると思っています。そんな話を中心に、将来の自分の姿をアピールしました。このおかげで5社のうち3社から内定を得られ、そのうち、直ぐにでもWebプロデューサーへの登用が期待できる会社に転職を果たしました。
ITの就活豆知識

WEBデザイナーの採用試験での面接は重要です

WEBデザイナーとして採用を目指すのに、自分の作品集となるポートフォリオの準備は、スキルやセンスを知ってもらう上でもとても大切です。この作成に多くの時間と労力を使う人が多数でしょう。では、面接対策はどうでしょう。面接はWEB業界に限らず、どの会社の採用試験にも必ず行われます。何の準備も心構えもなく臨む人は少ないでしょうが、面接ほど対策方法やその為にどれだけ時間を費やせば良いのか曖昧なものはありません。マニュアルも様々なものがあり、どれを選べばいいのかも人それぞれですし、何冊もたくさん読めば万全というものではないでしょう。聞かれる質問にも答えにも明確な正解はなく、会社や面接官によって、更にはその面接の全てに一つとして同じものはないのですから、仕方ありません。とは言え、WEBデザイナーとして職に就く為には絶対に面接をクリアしなくてはなりません。当然ですが、挨拶や礼儀・見た目や言葉使いに関しては最低限身につけておくことは必須です。その上で、志望動機や職歴・経歴、自分の短所や長所などを整理して、自分の言葉で伝えることが出来るようにしておきましょう。それに加えて、WEBデザイナーの面接対策として特徴的になるのが、ポートフォリオを利用した質疑応答でしょう。作品やサイトについて、色々な質問を受ける可能性を考えることが必要です。そこで、効果的なのは、ポートフォリオを作成するために作品をまとめながらイメージをしておくことです。実際に自分で制作しているものなのですから、一番理解していてその詳細や良さを伝えられるのは自分だけです。作業を進めながら、どの部分をどんな風に見せたいか、どのように説明したいのかを考えておくことで、面接の際に何を聞かれても自然な言葉で答えることが出来るはずです。また、面接の際にフリーな状態で作品について説明を求められてもいいように、ポートフォリオの作品の並べ方やデザインを工夫しておくのもいいでしょう。WEBデザイナーとしての経歴やスキルに自信があり、書類選考や筆記試験に合格しても、いつも面接で落とされるという人は少なくありません。それだけ面接というのは重視されています。ですが、面接に苦手意識を持たないようにしましょう。採用試験の対策として、面接を切り離して考えるのではなく、どんな準備の段階からでも普段から意識しておくことで、自分なりの面接対策となるのではないでしょうか。